アソコ洗い屋のお仕事 を読んでみたので感想まとめ!

 

なんといっても女湯というハーレムじみたシチュエーションとフルカラーのイラストで描かれた女体の艶と湯気の表現が絶妙だと思います。

主人公は三助という銭湯で客の身体を洗う仕事をしているため絶対的な必然性のもとに女湯という神聖な領域に足を踏み入れることができるです。

これが何ともたまらなかったです。また女湯にいるお客さんも三助は仕事だと割り切ってるので変に意識したりせず生の赤裸々な女子トークが聞けるというところもこの漫画の魅力だと思います。

 

(*˘︶˘*).。.:*♡

主人公月島奏太の家は代々続く銭湯を営んでおり、奏太の祖父の源蔵は現代の三助、つまり銭湯で客の身体を洗う洗体師としてメディアに紹介されるほど有名人でした。

また源蔵の三助としての実力は確かなもので源蔵に身体を洗ってもらえばまるでエステにでも行ったように細くなれると女性にも話題だったのです。

この話を聞いた同じクラスで奏太密かに思いを寄せている結月葵は痩身になれると聞いて興味を持ち源蔵に細身にしてもらうべく奏太の家の銭湯を訪れていました。

だが現職の三助である祖父の源蔵が腰を痛めてしまい、急きょ孫である奏太がその日の三助としての仕事を任されることになりました。

こうして奏太は同級生の女の子の身体を洗うことになったのですが・・・。

 

(*^^*)

個人的に好きなシーンは奏太が初めて三助として女湯に足を踏み入れるシーンです。

女湯と書かれた赤い暖簾はついつい目に入ってしまうものですが、男に生まれたら最後、その中に入ることは決して許されないものです。

そんな女湯に若干の好奇心と罪悪感を抱きながら、これは仕事だからと自分を納得させている奏太の描写がとても扇情的でした。

お気に入りの場面はなんといっても奏太のことを源蔵だと勘違いしている葵に対して洗体サービスと称してを執拗に身体のいろいろなところを丁寧に洗う場面です。

女性の上気した肌の描かれ方は何とも癖になります。

 

無料試し読みを読んでみる(真剣に)

お得に電子コミックで読むには?
わたしが、5年間使用し続けているまんが王国がオススメです。

1,月の会員費用を取られない!
2,じっくり試し読みがある
3,スマホ、PCでも読める
4,漫画ランキング100から見つける
5,請求書から読んだ漫画がバレない!

まんが王国https://comic.k-manga.jp/

※「アソコ洗い」で検索すると、無料試し読みができます。

関連記事

アソコ洗い屋のお仕事 (これが女の子の膣内)「気持ちいい」

エッチ漫画 アソコ洗い屋のお仕事を実際に読んでみた♪

【全編カラー】アソコ洗い屋のお仕事~片想い中のアイツと女湯で~

アソコ洗い屋のお仕事 無料試し読み方法紹介

アソコ洗い屋のお仕事 ただのエロ漫画とは言い切れない面白さ!

アソコ洗い屋のお仕事 無料で試し読みが出来るのでので(笑)